昔ながらのアルバムで残す

昔ながらのアルバムは気軽に作れて親しみやすい

写真を大切に残したい時、意外と重宝するのが昔ながらのアルバムです。自宅やコンビニでプリントした写真を手ごろな台紙に貼ったり、ポケット式のバインダーに収めたりするだけ。ご年配の方が親しみやすいという大きな利点があり、パソコンやスマホの操作に慣れていない方でも気軽に取りかかれる写真整理の方法です。

自宅に届くまで時間がかかるフォトブックに対して、手作りアルバムは完成までの工程がスピーディー。写真の配置やデコレーションにこだわらなければ、あっという間に手作りアルバムの完成です。写真整理を面倒に感じる人も、とりあえず写真を印刷してファイリングしておくことが大切です。簡単なアルバムを作っておくだけでも、写真データの消失という、万が一の事態に備えることができるからです。

自由度の高いレイアウトやデコレーションが楽しめる

あなたは写真の配置にこだわりたいタイプですか。印刷を終えて手元に届いたフォトブックは、レイアウトをやり直すことができません。一方、昔ながらのアルバムなら、写真の入れ替え作業はいつでも思いのまま。リング式のアルバムを購入することで、新しいページを加える作業も簡単にできます。

装飾を楽しみたい場合は、可愛いシールを貼ってデコレーションを施したり、コメントを添えたりすることでオリジナリティあふれるアルバムに仕上げることができるでしょう。このように気分次第でレイアウトやデコレーションを楽しめるのが、手作りアルバムの大きなメリットなのです。写真が色あせる、収納時にかさばるといったデメリットはあるものの、昔ながらのアルバムは、理にかなった写真の残し方だと言えるでしょう。